ピーナッツブライダル

【ウェディングフォト】前撮り・後撮り・エンゲージメントフォト

ピーナッツ君
最近よくウェディングフォトってワードを耳にするんだけど、それってなんなんだい?

 

ウェディングフォトは結婚式にまつわる写真全般のことを示すんだよ!
・エンゲージメントフォト
・前撮り
・後撮り
・フォトウェディング
ウェディングフォトは4つの種類があるんだ!
今日はそれらについて紹介するね!
ピーナッツ太郎
 

a

エンゲージメントフォト

エンゲージメントフォトとは?

プロポーズから結婚式までの「婚約期間」にカップルが撮影する記念写真のことを示します。私服でカジュアルな撮影ができる点が人気です!肩の力を抜いてまるでデートシーンを撮影してもらっているような写真を残すことができます!

どのようなところで撮影するの?

人気の撮影場所は、カップルのお二人が初めて会った場所や、思い出深い場所などで撮影することが多いです!

例えば、お二人の出会いが学校だった場合は、学校の校庭などで撮影をしたりもします!

結婚式場が決まっていれば、結婚式場で私服の撮影もできるプランもあります!

他にも「SAVE THE DATE」(結婚式の招待状を送る前に皆様に、結婚式の日を知らせすること。セミ招待状のようなもの)のお知らせをする際に、エンゲージメントフォトで撮った写真を使用する事が出来ます!

a

前撮り

前撮りとはなんでしょう?

結婚式を挙げるカップルが、結婚式の前に撮影するものです!

これを聞くとエンゲージメントフォトと変わらないと言う方が多いと思いますが、異なるポイントがあります。大きな違いは衣裳です!

エンゲージメントフォト→私服でカジュアルに撮影をします

前撮り→ドレスや和装などしっかりとした衣裳を着て撮影をすることがほとんどです

どうして前撮りを撮るのですか?

当日ゆっくり撮影をする事ができなかったり、結婚式で着れない衣裳で撮影をしたい人が前撮りを行います。また、前撮りで撮った写真をウェルカムボードやプロフィールムービーに使用する方もいます!

人気の撮影場所は、当日の結婚式場やスタジオ、ロケーション撮影です!

a

後撮り

後撮りとはなんでしょう?

結婚式を終えたあとに写真を撮影をすることです。結婚式までに撮影する時間がなかったり、結婚式当日の写真に納得が行かなかった、他のポーズで撮影したい時撮影をします!

また、ハネムーン先でも撮影できるのが、後撮りの魅力です!

エンゲージメントフォト、前撮り、後撮りのメリット

メリット① 時間を気にせずゆっくりと写真が撮れる

結婚式当日は、思っている以上に写真を撮る時間が少なかったり、当日のカメラマンは新郎新婦だけではなく、ゲストの写真も撮影します。そのため前撮りなどを使用すると時間を気にせず自分の納得のいく写真を撮ることが出来ます!

メリット② 結婚式当日とは違うドレスや和装の写真が残せる!

結婚準備の時に悩んでいた、ドレスを着て撮影をする人や、当日和装を着ない方が和装を着て写真を撮ることが多くあります。衣裳の打ち合わせで悩んでたものがあったら写真を撮って残しましょう!

メリット③ お二人のイメージで写真を撮る事が出来る!

おふたりのイメージに合わせた季節や時間帯、ロケーションで撮影できます!夜に結婚式をするのは避けたいけど、サンセットの写真が撮りたい方がいれば、撮影をする事が可能です!

映画が好きな人がいれば、映画のシーンに合わせて撮影する事も可能です!打ち合わせの時に色々相談してみましょう!

メリット④ 結婚式当日のグッズになる!

結婚式当日に使用する、ウェルカムボードやオープニングムービーなどにも使うことができます!

ウェルカムスペースの持ち込み料は0円の会場がほとんです!お二人だけのオリジナルのウェルカムスペースを作ってゲストをお出迎いしましょう!

使用希望の方は、プランナーさんに相談してみましょう!

a

フォトウェディング

ウェディングフォトとフォトウェディング、2つのワードをよく耳にする方がいると思います。

ウェディングフォト

ウェディングフォトは、結婚式用に結婚式の写真を残す事と言われることが多いです!

フォトウェディング

結婚式の代わりに、写真で残すお二人の結婚式。

結婚式の新しいスタイル「フォト婚」とも言われる事が多いです。

最近はコロナウイルスの影響で結婚式を断念する方やお子様がいて挙式をあげる事が出来ない方が多くおられます。そのような方にお二人の今を残す事の出来るフォトウェディングが今人気を集めています!

 

peanutswedding

結婚式にまつわる情報を2粒のピーナツたちがお届け

-ピーナッツブライダル

© 2022 PEANUTS BLOG